Einmal ist Keinmal

Einmal ist Keinmalとは写真家、喜多村みかの写真集のタイトルで、「1度しか起こらなかったことは1度も起こらなかったようなものだ」という意味だそうだ。

なんだか僕はこの1文がとても心にひっかかった。

僕も写真を撮る。

はっと気づいたその瞬間に、僕にしか見えていないその光景を、面白い、自分のものにしたい、とどめておきたい、だからシャッターを押す。

1度しか起こらないことだ。

自分の思い通りに撮れることは少ない。

でも、本当にまれに

自分が予期しなかったものが写り込んでくるときがある。

僕自身にはコントロールすることができない情報が環境の中には含まれていて、

写真は僕の感情に関係なく、それらを写し込んでしまう。

だから写真は面白いと思う。

いつまでも撮りたいと思う。

f:id:yuuokumura:20140225085530j:plain